読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TomoLog

主婦+文筆業の雑感ブログ/注意・商業BL感想あります

夫の遅刻癖

夫は恋人同士だった頃から、2時間3時間の遅刻を何度もやらかしている。

遅刻魔なのだ。

仕事には支障が出ていないようであるが、常にギリギリ生活だと思う。

それでも許されているのは夫の人柄の良さもあるが、一番ヤバイ遅刻は回避しているからだろう。ここで遅刻したら人生が積む、という場面では流石に遅刻していない。

 

つまり遅刻しないでいよう、と努めればきちんと出来る訳である。

しかし、私と二人で約束をした場合、時間通りに遂行されることなんて皆無だ。

第一、30分程度の遅刻だったらいい。

私は元々遅刻には寛容なタイプなのだと思う。だから付き合ってこれたのだが、しかし、夫の遅刻は1時間2時間がデフォで、酷い時は3時間を超える。

それゆえ、何年にもわたって、悩みの種となっている。

よくまぁ結婚出来たものだと言われるが、夫は逆にそれ以外の短所がないぐらい良い奴なのだ。

とは言え、先程「夫 遅刻魔」でワード検索したところ、皆さん30分程度の遅刻が多かったので我が家の深刻さを知った。

病気レベルじゃないか。

ヒヤっとしつつ、遅刻の理由をいくつか考えてみたい。 

まず、夫は根っからの理系で、頭脳労働においては非常に要領がいいタイプである。

だから、彼にとっては効率の問題なのかもしれない。

時間通り約束を果たすのに使うエネルギーが常人の何倍もかかっていたとしたら、破っても大したペナルティを受けない私との約束の優先度が下がってしまうのだろう。

重要なシーンでの遅刻を回避するエネルギーを温存する為に。

腹の立つ話だが、理解は出来る。

 

次に、夫の性格の問題。

夫は、例え私や友達が2時間3時間遅刻しようが、まるで気にしない。

普通は、2時間も3時間も遅刻されれば気分を害するだろうに。

そもそも、夫が怒ることはめったにないのだ。

会社から理不尽に罵倒されても、チンピラにカツアゲされそうになっても、怒りという感情で対処することはない。基本的には今起きている問題をどう解決するか、にしか興味が無いのだ。

勿論、機嫌が悪くなって嫌な態度をとるといった子供じみた真似も全くしない。

どういう時に怒るかと言えば、私が泥酔して、派手に転んだり絡んだりした時ぐらいだろうか。まぁ怒るというより呆れているのだろう。なんせ彼は下戸だ。飲兵衛の気持ちなど一生分かるまい。

話を戻すが、つまり自分がされても気にならないことはうっかりしてしまうといった具合なのだろう。

 

腹は立ちつつも仕事等プレッシャーのかかる場面で遅刻をしないよう頑張っている分嫁に対して気が抜けてしまうんだろう、と考えれば気持ちを汲むことは出来る。

共働きなので、正直お互い様だとも思うが、夫にとって簡単なことと私にとっての簡単なことは違うのだ。

それでももう少しなんとか努力して貰いたい。二番目の理由で言えば、自分がされて嫌なことと、他の人がされて嫌なことは異なるのだから。一緒くたにされては、非常に困る。

私の泥酔で夫に迷惑をかける回数と、夫の遅刻で私に迷惑がかかる回数は断然後者が多い訳だ。もう少し減らすことは出来るだろう。

ここ数年私との約束は百発百中で遅刻に終わっているのだから流石に勘弁して頂きたい。

 

今朝も税務署に行く約束の時間を過ぎても起きてこないので起こしに行ったら「壮大な夢をみたよ」と言ってまた布団に入っていってしまった。

なんなんだ。

夢に戻っている場合じゃないだろう。

結局1時間半以上の遅れで税務署に到着。

処理を終えた後夫は一人で出かけて行ったのだが、程なくして

今日も遅刻してゴメンなさい><」とLINEがきた。

本当にあざとい。

段々真剣に考えている自分が馬鹿らしくなってくる。

結局、今のままでも家族以外には迷惑がかかっていないからいいのだろうかと思ってしまうが、将来生まれる子供のことを考えると申し訳ない。何とかしたい。今のうちに症状を緩和出来ないものだろうか。。