TomoLog

主婦+文筆業の雑感ブログ/注意・商業BL感想あります

順天堂医院での無痛分娩レポート

順天堂医院で無痛分娩をしてみてどうだったか…をレポートします。

無痛分娩が出来る産院お探しの方の参考になりましたら幸いです。

私も産院探すとき個人の方のブログが特に参考になったので♬

 

===

2016年12月順天堂大学医学部附属順天堂医院にて出産。無痛分娩でした。

こちらの病院は24時間麻酔医師が待機している病院の為、基本的には計画分娩はしません。自然に陣痛がきたところへ麻酔を打つ、という形での無痛分娩になります。

※ただし、予定日を過ぎてしまった場合には他の産院同様、計画を立てて陣痛促進剤を打つこともあります

 

結論から言うと、

また出産する機会があれば、是非順天堂にしたい!

と思える程良かったです。

 

まず、痛みが半減以上出来たことに大大大感謝。一番最初、子宮口がある程度開くまでは激痛でしたが、分娩室に入って麻酔を打ってからは天国のよう

我が子との対面時には全く痛みを感じず、ただただ感動を味わうことが出来ました。最高です。

 

そしてお医者様も看護師様も皆さんとても親切で、その点にも満足。出産当日に限らず、健診の際も、産後の入院生活でも丁寧に対応して下さいました。

また、授乳や沐浴についての指導も非常に細やかで、退院後も不安や疑問なく育児をスタート出来た点も本当に有り難く思っています。

 

強いて難を挙げるとしたら分娩代が高いということでしょうかw通常の産院の倍ぐらいはしているようです。

しかしながら、それに見合ったサービスをして頂けたと思っていますので、順天堂を選んだことに全く後悔はありません。

また、非常に人気の産院の為、健診はいつでも激混み状態です。最高で3時間半待ちました…、まあ、それほどいい病院ということですね。

 

 

さて、最後に当日の流れを振り返ってみます。

↓↓

朝6:00

10分~15分おきの前駆陣痛。病院に一応経過報告するも、まだ子宮口開いてないと思うので※自宅待機してて下さいとの指示を受ける。

※私は最後の診察のとき1,5cmしか開いていなかったので

 

12:00

陣痛が10分間隔になったので再度病院に電話。が、初産なのでまだ開いてないと思われるとのこと。5分間隔になったら来て下さいと言われる。引き続き自宅待機。

 

21:00

間隔が少しずつ短くなっていく。痛みも増していき死にそうに。

 

23:00

陣痛が5分~10分間隔になり病院に電話。更に2時間待って下さいと指示。

 

2:00

2時間待ちましたと連絡し、遂に「一旦来てみて下さい」と指示を受ける。この頃には陣痛が辛すぎて歩くのもままならなくなってきてる。旦那と一緒にタクシーで病院へ向かう。

 

3:00

3時手前頃病院に到着。子宮口を確認したら無事3センチ開いているので分娩室に移動することに。

 

4:00

やっと分娩室に移動。もう痛みで涙目。死ぬ。ほんと死ぬ。早く麻酔打ってくれ、、と呻いてる。

 

4:30

遂に麻酔医師様登場。背中から注射して麻酔投入。5分ぐらいで一気に痛みが引いていき、極楽気分に。この時の心地よさは忘れられません。麻酔最高!

麻酔スイッチ※を手渡され、痛くなったらこのスイッチを押して下さいと指示を受ける。

※スイッチを押すと背中から麻酔が追加注入される便利なスイッチ

 

6:00

陣痛が少し弱まってるので出産は13時以降~夕方になりそう、と言われた為、旦那は一度帰宅することに。

引き続き麻酔が効いてるので痛くない。

 

7:00

子宮口が開いてきたのか痛みが増してきた。慌てて麻酔スイッチを押しまくる。スーっと痛みが引いていったので一安心。

まだ産まれないのでしばらく待ってて下さいねと言われる。言われた通り大人しく待つ。

恐らくこのあたりで破水した記憶です。

 

8:00

まだ産まれない、と言われていたがどうも赤ちゃんがそこまで出てきているような感覚がし始める。ただし痛みはなく、「ここにいるな!」っていう感覚があるだけ。

ナースコールして助産師さんに「赤ちゃんここにいませんか?」と伝え診てもらうと「いますね!!すぐそこにいます!!!」と言われテンションマックス。うおーもう会えるのか!!!思ってたより早いな!!!

 

9:00

赤ちゃんはすぐそばまでいるものの、思っていたより早くおりてきてしまったので出産の準備に少々時間がかかり、結局いきみ始められたのは9時。「いきんでいいですよ!」と言われよっしゃー!と意気揚々と力の限りを尽くします。

するとものの10分で赤ちゃんがツルンと出てきてくれました!!!!この間も勿論痛みは全くありません。とにかく赤ちゃんが可愛くて可愛くて、それだけに夢中でした。

 

 

この後もしばらくは麻酔が効いているので会陰切開した跡も全く痛まず、安らかな気持ちでいられました。

(当然麻酔が切れてからは会陰に痛みが走りまくりでしたが…)