TomoLog

主婦+文筆業の雑感ブログ/注意・商業BL感想あります

商業BL本勝手に10選(小説バージョン)

ツイッター

#商業bl本勝手に10選

というハッシュタグに従って、お気に入りのBL本を選出してみました・第二弾。

 

今回は【小説のみ】で10冊。

↓↓

 

期限切れの初恋 (ビーボーイノベルズ)

期限切れの初恋 (ビーボーイノベルズ)

 

事件以降、攻の自己中な行動・言動が目立ちますが、彼の境遇があまりにも不憫なので、受も読者も彼を否定する事なんてとても出来ず、だからこそ切ない。ラストでは、恋とも愛とも言えない、けれど死ぬほど切迫した繋がり・絆が描かれていて、非常に満足度が高かったです。

 

Don't Worry Mama【イラスト入り】 (ビーボーイノベルズ)

Don't Worry Mama【イラスト入り】 (ビーボーイノベルズ)

 

木原先生連続になってしまった。。1作品には絞りきれなかった。

こちらは先日感想もアップしましたが、全体的にコメディな仕上がりで読み易いです。コメディなんですが、恋愛ののっぴきならなさが痛い程克明に描かれていてやっぱり木原先生だ~~最高~~~って感じの一品です。

 

愛しのいばら姫 (プラチナ文庫)

愛しのいばら姫 (プラチナ文庫)

 

凪良先生も良作が多くてどの作品を選出すべきか悩みましたが、シリーズ作品の365+1も好きなのでタッチの差で本作に。受の、女王様な仮面の下にある、素直で健気で無垢な恋心が愛し過ぎます。そしてそこまで惚れぬいてしまうのも仕方ないね~と納得出来る攻のカッコよさ!!完璧ですね。365で登場した紺の無神経さも健在です。

 

 都会から隔絶した、驚く程閉鎖的な田舎の独特の世界観描写がお見事。情景描写も美しく、攻と受の純愛を最高に盛り上げてくれます。攻が受に感化され、受もまた攻に感化される、幼くも一途な恋情が育っていく様子にはBL的な萌えというより絵本のような心温まるものを感じます。

 

セーフティ・ゲーム (ディアプラス文庫)

セーフティ・ゲーム (ディアプラス文庫)

 

受のバレバレな女装に攻が気が付かないふりをする(女性と思い込んでる風に見せる)…という何やらワクワクする設定。攻は受を笑い者にしたいのではなく、両思いになりたいが為にそんな下らないゲームを仕掛けてしまうんです。見た目も格好良くて営業マンとしても優秀な攻にそういう臆病なことされると、ヘタレ攻好きの血が騒いでたまりません。

 

ビューティフル・ガーデン (ディアプラス文庫)

ビューティフル・ガーデン (ディアプラス文庫)

 

ゲイとカミングアウトしている人としか、お付き合いしたくない受。一方攻は絶対にカミングアウトしたくない、というタイプ。そんな二人が惹かれ合ってしまってさあ大変!…という魅力的な設定で序盤からグイグイ惹きこまれます。構成や細かい心理描写も素晴らしく、最初から最後まで楽しめる作品。

 

恋人同士の攻受。それなのに攻は自分で受を抱くことはせず、別の男に抱かせてそれを見つめるだけ。いかにも事情ありありなムードの攻で、もう冒頭から痛々しい空気マックスです。受に同情してしまって、攻酷いよ…となるのですが、攻も攻で自分を責め抜く描写が続き、もういいよ!幸せになってよ!!!と号泣です。

 

鬼子の夢 (花丸文庫BLACK)

鬼子の夢 (花丸文庫BLACK)

 

 本作の魅力は鬼でありながらも少年のように純粋で優しい攻にあると思っています。そんな彼が受という恋人を手に入れた事によって、嫉妬心、猜疑心を覚えてしまい酷く苦しむ様子は痛々しくも最高に萌えます。攻は自分でもダメだと思いつつ、受を抱き潰さんばかりに責め抜いてしまうのですが、精神的には攻の自虐に近く、このままどうなってしまうんだろう…とハラハラしつつページをめくる手が止まりません。

 

嘘と誤解は恋のせい (白泉社花丸文庫)

嘘と誤解は恋のせい (白泉社花丸文庫)

 

こちらも感想アップ済み。小林先生の独特のオモシロ台詞まわしは癖になりますね…時々無性に貪り読みたくなります。爽やかでかっこいいスパダリ気味な攻が受を愛しすぎて頭がおかしくなっていく、という展開が好きなのですが、本作の攻の壊れ方は絶品です。是非番外編(「恋する遺伝子」に収録)も一緒にどうぞ。

 

パブリックスクール: -檻の中の王- (キャラ文庫)

パブリックスクール: -檻の中の王- (キャラ文庫)

 

 BL後世に残る名作と言っても過言ではないでしょう。攻の貴族としての苦悩が作品全体を彩っており、攻の立場で考えても、受の立場で考えても辛い。受はただ純粋に攻を愛してまっすぐぶつかってきますが、攻は立場上それが出来ません。本当は愛してるのに。虐められている筈の受の世界は優しく、王である筈の攻の世界は敵ばかり…そういう対比がしっかりと描かれていて二人のスレ違いをより深いものにしています。

 

以上BL小説10選でした♬

BL漫画10選はこちらへ

↓↓

商業BL本勝手に10選(漫画バージョン)

http://tomoko410.hatenablog.com/entry/2016/06/13/014607